フォトレポート:恐竜型ロボット「Pleo」誕生の地を訪ねて

CNET News.com Staff 2007年12月26日 17時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アイダホ州ボイシにあるUgobeのラボには、製作途中のPleoや試作品が所狭しと並んでいる。現在発売中のPleoは、当初の予定より1年ほど発売が延期された。価格は当初発表された250ドルより高い350ドルだが、このアニマトロニクス恐竜に対する関心は高いようだ。
 アイダホ州ボイシにあるUgobeのラボには、製作途中のPleoや試作品が所狭しと並んでいる。現在発売中のPleoは、当初の予定より1年ほど発売が延期された。価格は当初発表された250ドルより高い350ドルだが、このアニマトロニクス恐竜に対する関心は高いようだ。

 アイダホ州ボイシにあるUgobeのラボには、製作途中のPleoや試作品が所狭しと並んでいる。現在発売中のPleoは、当初の予定より1年ほど発売が延期された。価格は当初発表された250ドルより高い350ドルだが、このアニマトロニクス恐竜に対する関心は高いようだ。

提供:Daniel Terdiman/CNET News.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR