システム起動時に表示され、ACPI上のLocal APIC情報を示すメッセージ

OSSメッセージペディア 2008年02月25日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ACPI: LAPIC (acpi_id lapic_id flag)

対処

通知情報のため、対処の必要なし。

説明

システム起動時に表示され、ACPI上のLocal APIC(Advanced Programmable Interrupt Controller)情報を示す。

SMPシステムにおいて周辺装置からの割り込みをI/O APICが1回受け付けた後、CPUのLocal APICへ転送される。転送先のCPUはI/O APICに予め設定されたルールに従い選択される。Local APICはI/O APICの割り込み信号を受け取ってCPUに対して割り込みを発生する。I/O APIC及びLocal APICは共にACPI(Advanced Configuration and Power Interface)によって管理される。ACPIのMultiple APIC Description Table(MADT)のエントリには、以下のリソースが管理される:

ACPI_MADT_LAPIC
ACPI_MADT_IOAPIC
ACPI_MADT_INT_SRC_OVR
ACPI_MADT_NMI_SRC
ACPI_MADT_LAPIC_NMI
ACPI_MADT_LAPIC_ADDR_OVR
ACPI_MADT_IOSAPIC
ACPI_MADT_LSAPIC
ACPI_MADT_PLAT_INT_SRC

詳細についてはACPIの仕様書: http://www.acpi.info/spec.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!