アルカテル・ルーセント、MSとの特許訴訟で勝利

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年05月22日 12時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国際貿易委員会(ITC)は米国時間5月20日、MicrosoftのAlcatel-Lucentに対する特許権侵害の訴えを退けた。

 同委員会は、Alcatel-LucentがMicrosoftの保有する特許のうちの1つを侵害しているとするこれまでの裁判の判決を覆した。

 ITCは、Alcatel-Lucentが米国特許番号6421439の特許を侵害していないと裁定した。同委員会の判決(PDFファイル)によると、この特許は、電話網の中でユーザーを認識し関連づけるための技術を取り扱っているという。

  Alcatel-Lucentの関係者は、「われわれはこの判決に満足している。そして、われわれの主張はゆるぎないものだと常に信じていた」と述べている。

 Microsoftにコメントを求めたが、すぐに回答は得られなかった。

 Microsoftは2007年、Alcatel-Lucentが同社の特許4件を侵害しているとしてITCに訴えを起こした。別の3件の特許は、米国特許番号643028962630646728357で、通信技術に関係している。行政法判事は、これら3件の特許に関してAlcatel-Lucentに有利な判決を下している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!