Mac OS Xに新しいトロイの木馬

文:Nathan McFeters(Special to ZDNet) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年06月26日 08時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Kdawson」氏が投稿したSlashdotの記事によれば、「I Don't Believe in Imaginary Property」氏が次のように書いている。

 F-Secureが2つの新しいMac OS Xのトロイの木馬の存在を報告している。第1のものは、MacShadowsの人たちが作成した、ARDAgentの未パッチの脆弱性を利用し、ユーザーが実行するとrootアクセスを得る、単なる脆弱性実証コードだ。第2のものはソーシャルエンジニアリングに依存している。これは、ユーザーのパスワードを要求するポーカーゲームで、「破損したpreferenceファイルを発見しました」というメッセージを出してパスワードの入力を求め、その後そのコンピュータを乗っ取る。脆弱性実証コードのソースが公に入手可能になったため、将来出てくるトロイの木馬は、丁寧にパスワードを尋ねるだけでは済まないものになるだろうと予想される。

 第1のものについては、このブログでも触れた。第2のものはソーシャルエンジニアリングに依存するものであり、興味深い攻撃だ。Macが特権の昇格の際にパスワードを要求するやり方からして、ユーザーはこの攻撃にはかなり簡単に引っかかるだろう。私は、特権昇格の際にパスワードを要求することを止めるべきだと主張しているわけではないが、修正を施してもいいかもしれない。例えば、特権昇格の際に入力するパスワードには、画面に表示された無作為の値を付け加えて入力するというのはどうだろうか。これはCAPTCHAの考え方に似たものだ。

 これはやりすぎかも知れないし、そうではないかもしれない。まずハッカーにとってこの種の攻撃がどのくらい有効かを見定める必要があるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?