NTTネオメイト、広域イーサネットのオプションとしてVPNサービスの提供を開始

エースラッシュ 2005年07月11日 21時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTネオメイトとグループ各社は7月11日、同社の提供する広域イーサネットサービス「AQStage広域イーサネット」サービスのオプションメニューとして、安価にイーサネットVPNを構築できる「AQStage広域イーサネット・イージーLAN」サービスの提供を開始した。

 同サービスは大企業の中小拠点や中小企業向けとのサービスだ。拠点規模や利用用途などに合わせてフレッツなどの安価なアクセス回線を選択できるようにしたことで、ランニングコストを低減した。同時接続拠点数は200拠点となっており、認証によるアクセス制御でセキュリティも確保している。

 月額利用料金は、回線あたり500円から。ネットワーク構成により利用料金は異なり、利用にあたっては1カ所以上の専用拠点契約や、フレッツ回線の用意などが必要となる。ファーストユーザーは広島大学で、7月11日から提供を開始している。

エヌ・ティ・ティ ネオメイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR