ニフティ、ASPサービスとアウトソーシングで企業向けメールサービスを強化

岩本有平(編集部) 2005年07月12日 22時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニフティは7月12日、同社が運営するISP「@nifty」の法人サービスにおいて、企業向けのメールサービスの強化を行った。

 同社は2004年10月より、メール環境を自社構築している企業に対し、迷惑メールをフィルタリングする「迷惑メールフィルター」やウイルスメールをスキャンする「ウィルスフィルター」を備えるASPサービス「メールフィルタリング中継サービス」を提供してきた。今回、契約企業が送受信するメールを同社データセンター内のサーバで保存する「メール保存サービス」機能を追加して、サービス名称を「メールセキュリティASP」に変更した。

 またASPサービスの拡充と同時に、セキュリティ対策をはじめとするメール運用のすべてを同社にて行う「メールアウトソーシングサービス」を開始した。同サービスの申し込みは100アカウントから。

 料金の詳細は以下のとおり

 メールセキュリティASP

  • 初期費用 5万2500円/1ドメイン
  • 「ウイルスフィルター」 月額263円/1アカウント
  • 「迷惑メールフィルター」 月額263円/1アカウント
  • 「メール保存サービス」 月額10,500円/2GB

 メールアウトソーシングサービス

  • 初期費用 5万2500円/1ドメイン
  • ボックス容量20MB 月額263円/1アカウント
  • ボックス容量50MB 月額368円/1アカウント
  • ボックス容量100MB 月額473円/1アカウント

ニフティのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR