Skypeでコールセンターを安価に構築--ソフトブレーンのグループ会社がASPで提供

田中好伸(編集部) 2005年08月18日 21時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトブレーンのグループ会社であるソフトブレーン・インテグレーションは、インターネット電話ソフトSkypeでコールセンターを構築できるサービス「ePBX for Skype」を9月30日から販売する。ASP方式で提供し、価格は月額10ライセンスで3万円。

 ePBX for Skypeは一斉着信や転送などの機能をSkypeに追加するため、コールセンターや企業内の電話として使えるようになる。同サービスにはウェブコール機能、ACD(自動着信呼配分)機能、転送機能などがある。

 ウェブコール機能は、ウェブサイトでの問い合わせページにJavaスクリプトを設置し、Skypeによる音声での問い合わせを可能にする機能である。ACD機能は、かかってきた電話を自動的に複数の電話に振り分ける機能だ。ACD機能を使えば、例えばコールセンター内で通話時間の短いオペレーターに優先的に電話を振り分けたり、着信待機中のオペレーターに一斉に着信させる運用が可能になる。

 オペレーターの稼働時間や実際の通話時間などの記録を収集して、オペレーターの状況を管理できる。また一定期間でどれだけの通話があったのか、発信者からのコールキャンセルがどれだけあったのかなど、全体の稼働状況の記録を取得可能である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR