KDDIとケイ・オプティコム、携帯電話を利用した法人向けIP電話サービスを提供

エースラッシュ 2005年11月14日 17時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIとケイ・オプティコムは11月14日、au携帯電話を活用した法人向けソリューション分野で提携、法人向けIP電話サービスを2006年3月から提供開始すると発表した。

 提供されるのは、KDDIの「OFFICE WISE」とケイ・オプティコムの「eo光電話オフィス」や「IPセントレックス」「eo-IPフォン」を組み合わせた法人向けのIP電話サービスになる。

 OFFICE WISEはエリア内での携帯電話による通話を定額料金で提供するサービスだ。ケイ・オプティコムのIP電話サービスと組み合わせることで、1台の携帯電話で定額エリア内通話と、社外へ発信するIP電話を利用できるようになる。

 通信費の削減だけでなく、PBXなど社内電話設備規模の縮小による固定資産費および、レイアウト変更による電話の移設費用などのコストも大幅に削減できるとしている。

 KDDIは現在OFFICE WISEを東京地区でのみ提供しているが、サービスの展開にあわせて、2006年3月から関西地区にもエリアを拡大する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから