ヴイエムウェア、仮想化ソフト最新版「VMware Workstation 5.5」の販売開始

CNET Japan Staff 2005年12月07日 10時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴイエムウェアは12月6日、同社のデスクトップ仮想化ソフトウェアの新バージョン「VMware Workstation 5.5」の販売活動を開始したと発表した。

 新バージョンでは、AMD Athlon 64プロセッサ搭載システム向けの64ビット、およびインテルエクステンデッドメモリ64テクノロジー(EM64T)とインテルバーチャライゼーションテクノロジー搭載システム向けの64ビットを試験的にサポート。64ビットのLinux、Windowsをゲストオペレーティングシステムとしてサポートすると共に、試験的に64ビットSolaris x86とFreeBSDをサポートした。

 また、2 way Virtual SMPを試験的にサポートし、Virtual Machine Importerを強化、拡張コマンドラインも強化されている。価格はオープン(参考価格は2万9000円)。ヴイエムウェアのウェブサイトから30日間無料で試用できる体験版をダウンロードできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!