住商情報システム、最大25人で利用可能な廉価版SSL-VPN装置を発売

ニューズフロント 2005年12月09日 15時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住商情報システムは12月9日、米AEP NetworksのSSL-VPN構築装置「AEP SGA-T(CI機能付属版)」の販売およびサポートを開始した。機能を限定した廉価版モデルとして、71万4000円で販売する。出荷開始は12月12日の予定。

 同時アクセスユーザー数は最大25人。Tunnel機能(SSLトンネリング)を用いることで、あらゆるTCP/UDPアプリケーションの利用が可能である。細かいアクセス制御機能や、クライアントPC側でのエンドポイントコントロール機能も備える。キャッシュクリーナー機能、セキュアデスクトップ機能、ホストインテグリティ機能などのCI(クライアントインテグリティ)機能も付属する。

 さらに、グループごとに認証方式の割り当てやアクセス制御、アイドルタイムアウトの設定ができる。クライアント端末簡易特定機能は、年内に対応するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!