編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

住商情報システム、ラック社不正検知アプライアンス「IntraPOLICE」の販売とサポートを開始

エースラッシュ

2005-09-13 19:34

 住商情報システムは9月13日、ラックが開発した不正PC検知・排除アプライアンス「IntraPOLICE」の総販売代理店として販売・サポートを開始すると発表した。

 IntraPOLICE」は、アプライアンスタイプの専用機だ。ネットワークに流れるARPパケットからMACアドレスを収集するることで、社外から持ち込まれたPCを検知し排除してセキュリティを保つもの。利用の際には、Webベースのマネージャソフトである「IntraPOLICEマネージャー」を実装したサーバ1台と、アプライアンスの「IntraPOLICEセンサー」の設置が必要となる。これに承認PCを登録すると、不正PC対策が可能になる。

 製品価格はオープン価格となっており、参考価格はIntraPOLICEマネージャーが税抜き40万9500円、IntraPOLICEセンサーが税抜き19万4000円となっている。提供開始は9月15日からで、同社パートナーを通じて販売する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]