編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ラック、米Blue Coatのプロキシ・アプライアンスを販売開始

田中好伸(編集部)

2005-08-22 21:35

 ラックは8月22日、プロキシ・アプライアンスの米Blue Coatと提携し、同社のプロキシ・アプライアンス「ProxySG」シリーズを9月1日から販売することを発表した。初年度で2億円の受注を目指す。

 ProxySGは、URLによるアクセスの可否を制御する。URLフィルタリング・ベンダーのデータベースとの組み合わせにより、業務内容や職級にあわせて閲覧可能サイトを制限したり、掲示板・ウェブメールの利用を制限することもできる。

 インターネット・メッセンジャーやPtoPソフトも制御できる。Blue Coatの「ProxyAV」と連携することで、HTTPとFTP経由で侵入するウイルスやワーム、スパイウェアを検知できる。

 スパイウェアやボットによる被害が深刻化しているが、これらの脅威に対して企業内では、パソコンの端末管理などのクライアント・レベルでの対策が一般的となっている。この場合管理が煩雑になり、十分な対策ができないことが多い。ラックは、端末管理に加えてインターネットの出入り口であるゲートウェイ・レベルでの対策も求められているとして、ProxySGシリーズを販売する。

 ラックは、ProxySGのポリシー設計・導入などのサービスも提供する。同製品の価格は以下の通り。

  • ProxySG 200:(同時アクセスユーザー数の目安)10〜50=69万円〜
  • ProxySG 400:(同)50〜100=100万円〜
  • ProxySG 800:(同)100〜1000=175万円〜
  • ProxySG 8000:(同)800〜3200=1100万円〜

 ラックでは、自社で運営するオペレーション・センター「Japan Security Operation Center」でProxySGの運用管理サービスも展開する予定としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]