編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ブルーコート、中小規模システム向けプロキシ・アプライアンスを発表

WebBCN (BCN)

2005-06-10 10:36

 ブルーコートシステムズ(辻根佳明社長)は、同社のプロキシ・アプライアンス「ProxySGファミリー」にスモールビジネス向けモデル「ProxySG 200シリーズ」を追加すると発表した。

 ProxySGファミリーは、スパイウェアやウィルスなどからWebシステムを保護するためのアプラインアンス製品。新シリーズは、従業員50名以下の中小企業や大企業の支店での利用を想定し、最大512MBのメモリと最大40GBのハードディスクを備える。コンテンツ・フィルタリング、インスタント・メッセージング・コントロール、Webアンチウイルス、P2Pファイル共用コントロールなどの最適なプラットフォームを提供し、小規模なオフィス環境でも、大企業と同等のセキュリティレベルを実現する。

 価格はすべてオープンで、今年7月より出荷開始する。同社は初年度で2,000台の販売を見込む。

ブルーコートシステムズ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]