IDSシェアー・ジャパン、BPM製品の最新版「ARIS 7.01日本語版」を発表

CNET Japan Staff 2006年04月06日 17時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDSシェアー・ジャパンは4月6日、同社のビジネスプロセス管理(BPM)製品群の最新版「ARIS 7.01日本語版」の販売を同日より開始すると発表した。新バージョンは、Javaベースの新製品「ARIS Business Architect」と「ARIS Business Publisher」が新たに追加され、モデリング機能およびモデル管理機能が拡充されている。

 ARIS Business Architectは、ビジネスプロセスの基本モデリングツール。既存の「ARIS Toolset」に、ドキュメント(モデル)表現力の強化やモデル管理機能としてのフィルタ自動生成機能などを加えたほか、レポート出力機能でJavaベースのスクリプトを利用できる。

 また、ARIS Business Publisherは、ARIS Design Platform製品群で作成したドキュメント(モデル)を閲覧するための製品。既存の「ARIS Web Publisher」から出力時間が短縮されたほか、アクセス制御機能も新規搭載されている。

 対応プラットフォームは、サーバOSがWindows 2000 Server(SP4)、Windows Server 2003(SP1)、WebサーバがMicrosoft Internet Information Server 4.0以上、Apache Web Server 1.3.6/Apache HTTP Server 2.0(Windows 版)、クライアントOSがWindows 2000(SP4)、Windows XP(SP1+SP2)、WebブラウザがMicrosoft Internet Explorer(6.0 + SP1)。

 IDSシェアーでは、今回のARIS 7.01に合わせて、今後投入する製品群のルック&フィールを統一していく予定。これにより、さらなるユーザーの操作性の向上を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR