CTC、基幹系システムをOracle製品群により全面刷新

CNET Japan Staff 2006年04月14日 18時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノサイエンス(CTC)は4月13日、CTCグループ内における情報共有と業務プロセスの効率化、および法制度への対応を目的に、基幹系システムの全面刷新プロジェクトをスタートしたことを発表した。生産性の向上と販売機会の拡大を目指す。本稼働は2008年4月の予定。

 CTCでは、中長期戦略として、「顧客戦略」「製品戦略」「SI事業戦略」「提携戦略」「経営基盤強化」の5つの施策に着手している。今回の基幹系システム再構築プロジェクトは、顧客戦略、製品戦略、SI事業戦略の達成を支援する経営インフラの再構築プロジェクト「Next.MI(Next Management Infrastructure)」の一環として行われる。

 プロジェクトは、3段階に分けて実施される。第1弾は、2004年10月のオフィス統合と同時にIP電話やシンクライアント「Sun Ray」を設置し、第2弾では、CTCグループの情報インフラ「eWork@CTC」を構築、インフラ面の整備/充実を順次行なっていた。今回のプロジェクトは第3段となるもので、CTCグループ社内の各種システムのうち、販売管理系、統合会計系、経営支援系、保守/サービス系の約30の基幹系システムを統合する。

 基幹系システムの全面刷新にあたっては、2月1日付で発足した専門組織「Next.MI推進室」が中心となり、同日発足した「業務標準化委員会」のレビューを受けながらCTCグループ全体の業務オペレーションの最適化、標準化を行なう。

 同プロジェクトでは、基幹パッケージとして「Oracle E-Business Suite」を採用し、ミドルウェア統合基盤の「Oracle Fusion Middleware」を使用する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!