CTC、「IPLocks」の販売を開始--対応DBセキュリティサービスもあわせて提供

ニューズフロント

2006-03-09 14:48

 伊藤忠テクノサイエンス(CTC)は3月9日、アイピーロックスジャパンのデータベースセキュリティ管理ソフト「IPLocks」を販売するとともに、IPLocks対応データベースセキュリティソリューション構築およびサポートサービスの提供を開始した。

 IPLocksは、データベースの脆弱性評価、アクセス自動監視機能により、データの破壊、改ざん、漏えいといった被害を極小化するセキュリティ製品。不正アクセスの証拠となるログデータを蓄積しておき、事故発生時に分析して原因や被害状況を把握できる。監視処理は、運用中のデータベースを変更することなく、外部からデータベースの各種情報を読むだけで実行できる。そのため、データベース性能への影響を抑えながら、低リスクかつ容易なデータベースセキュリティシステムの導入や運用が可能となる。ソフト一式の価格は税別150万円から。すでに国内で110社以上が導入している。

 CTCは、IPLocksを販売することで、情報セキュリティ事故発生時の原因究明や査証追跡を支援する製品「フォレンジクス・ソリューション」を拡充する。「日本版SOX法への対応や内部統制強化に取り組む企業に対し、独自のデータベースフォレンジクスソリューションを提供する」(CTC)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]