日本オラクルとネットマークス、アイデンティティ管理分野で協業

ニューズフロント 2006年04月25日 16時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルとネットマークスは4月25日、アイデンティティ管理分野において協業すると発表した。日本オラクルが今夏より認証情報管理向け基盤製品群「Oracle Identity and Access Management」を出荷開始するのにともない、両社は同製品群のインテグレーションや関連ソリューションの開発を共同で実施する。

 協業の目的を、両社は「企業の内部統制の強化とコンプライアンスの支援」と説明する。複数システムで統一的なアカウントの管理と権限範囲規定のプロビジョニングを実行可能な製品やサービスを用意し、内部統制上の必須要件に迅速に対応できる環境を提供していく。

 具体的には、営業および技術担当者で構成されるOracle Identity and Access Management分野の専任部隊を作り、この協業に注力する30人体制のプロジェクトチームを編成する。ネットマークスは、Oracle Identity and Access Managementの共同検証プログラムに参加して日本オラクルの製品に関するノウハウを獲得し、製品リリースとともに販売、導入できるよう準備する。

 さらに、ネットマークスはOracle Identity and Access Managementに対応したVoIPやVPN、ワンタイムパスワード製品の開発も行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?