ブレイズとIDSシェアー・ジャパンと協業、BPM分野で新規開拓を目指す

CNET Japan Staff 2006年05月26日 17時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブレイズ・コンサルティングとIDSシェアー・ジャパンは5月26日、ビジネスプロセス管理(BPM)分野で協業すると発表した。この発表によりブレイズ・コンサルティングとIDSシェアーは、今後1年間で10社を目標に、共同で新規顧客開拓を行いたい考えだ。

 今回の協業に先立って両社は、ブレイズがITソリューションとして提供しているCorticonTechnologiesのビジネスルールモデリングツール「Corticon Business RulesModeling Studio」と、IDSシェアーのビジネスプロセスモデリングツール「ARIS Toolset」との連携における相互検証を完了している。

 両製品の連携により、ARIS Toolsetで設計されたビジネスプロセスをCorticon Studioで直接モデリングできるようになる。顧客企業は、プロセスをルールでガイドコントロールすることで、自社の戦略や業務改善を迅速にシステム化することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!