図研ネットウエイブ、「WirelessEdge BeSecure」を日本市場で独占販売

CNET Japan Staff 2006年09月09日 15時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 図研ネットウエイブと加WirelessEdge Canada(WEC)は9月7日、図研ネットウエイブがWEC製コンテンツセキュリティアプライアンス「WirelessEdge BeSecure」を日本市場で独占販売すると発表した。

 WirelessEdge BeSecureは、アンチウイルス処理をはじめ、ネットワークベースのコンテンツ全般を対象とした処理を高速化する製品。そのための独自の手法は「Subsonic技術」と呼ばれ、コンテンツ処理におけるスループット特異点を回避し、検査結果を一定時間ネットワーク上で共有できる仕組みになっているという。

 また、アンチスパム、URLブロッキング、キーワードブロッキング、ポリシー適用時間制御、管理・レポート機能なども提供。ウイルスシグネチャーデータベースにはKasperskyを採用し、最短で1時間に1回の更新を行う。

 10月より出荷を開始する予定。価格は380万円より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR