富士通、「UHF帯RFID評価キット」を開発--一括読み取りの動作検証が可能に

CNET Japan Staff 2006年09月14日 23時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通と富士通フロンテックは9月12日、UHF帯RFIDによる一括読取りを可能にした「UHF帯RFID評価キット(一括読取り)」を開発したことを発表した。

 同製品は、UHF帯RFIDタグの通信距離や一括読取り評価を行うためのリーダ・ライタ機器と専用ソフトウェア。専門スタッフによる3カ月間の電話フォローアップサポートも含まれる。

 この製品を利用すると、実際に利用する現場で安定した読み取り/書き込みを実現するための機器構成・配置、タグ取付け位置などの評価が可能になる。

 UHF帯RFIDの国際規格であるISO/IEC18000-6のTypeBおよびEPCglobalのTypeC(EPC Gen2)に対応する。

 価格は120万円(税別)。9月29日より販売を開始し、10月末に出荷する。12月まではキャンペーン価格での販売を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!