エクセルソフト、大量データ読み込み・転送が可能なJavaサーバーコンポーネント

WebBCN(BCN) 2006年12月05日 13時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は、Infragisticsが開発したJavaサーバー用コンポーネント「NetAdvantage for JSF 2006 Volume 2」を発売した。価格は、年間サブスクリプションとソースコード込みで10万8570円、優先サポートが付属した「NetAdvantage for JSF 2006 Volume 2 with priority support」は17万6085円。

 「Infragistics NetAdvantage for JSF」は、、Infragistics社のAJAXを使用するJavaサーバー向けのGUIコンポーネント。グリッドやカレンダー、メニュー、ツリー、タブなどを含んでおり、すべてのコンポーネントをAJAX環境で使用できる。ビルトインスタイルの使用やルック&フィールのカスタマイズも可能。J2EE Webアプリケーションに搭載することで、ポストバックすることなく、大量データの読み込みや転送が行える。

 新たに強い階層グリッドを採用しており、複雑なデータを整理し、分かりやすく表示する。また、列の固定機能で重要なデータを列のスクロール時に常に表示することも可能。グリッドのデータをCSV形式でのエクスポートにも対応する。

エクセルソフト=http://www.xlsoft.com/jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!