メタフェイズ、eMplex CRMのプロジェクト収支管理製品でワークフロー刷新

CNET Japan Staff 2007年03月22日 14時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンプレックスとメタフェイズはこのほど、エンプレックス製のCRMパッケージ「eMplex CRM」のプロジェクト収支管理モジュール「eMplex Project Budget Management(PBM)」で内部統制強化向けのワークフローを構築したことを発表した。

 メタフェイズでは、ウェブインテグレーション事業におけるプロジェクト開始後の文書や出入金の管理、労務費や交通費などの個別プロジェクト原価の把握などを可能にする適切な収支管理の仕組みとしてeMplex PBMを採用した。

 結果、売上・費用と関連文書を一元管理することにより、社員のパフォーマンスおよび収支をリアルタイムで可視化し、迅速かつ最適な経営判断を可能にしたという。

 たとえば、刷新したワークフローにより、個別プロジェクトの情報を、売上予測や予実乖離などの管理会計レポートとしてアウトプットできた結果、社員やプロジェクトごとの稼動実態を評価したうえでの適切なリソース配分が可能になった。また、全体像のなかの異常値へとドリルダウン表示することにより、マネジメント層が「うまくいっていないプロジェクト」を早期発見することにもつながっているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!