日本クアンタム、デデュープ/レプリケーション・アプライアンスを販売

CNET Japan Staff 2007年04月11日 19時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本クアンタムストレージは4月10日、データデデュープ技術とレプリケーション技術を実装したディスクベースのバックアップアプライアンス「DXi」シリーズの国内正式販売を開始した。出荷も開始している。

 DXiシリーズは、重複したデータを保存しないことで、中小規模およびデータセンター環境でバックアップディスクのデータ保存量を向上させることができる製品。データデデュープ技術を使用することで、散在したサイト間のディザスタリカバリ向けのツールとして、WANベースのバックアップデータのリモートレプリケーションを可能にする。

 今回ラインアップされたのは2製品。最大バックアップ容量540テラバイ、最大スループットが1時間あたり800ギガバイトの「DXi5500」と最大バックアップ容量210テラバイト、最大スループットが1時間あたり290ギガバイトの「DXi3500」だ。

 統合バックアップ・アプライアンスとして機能するため、バックアップソフトウェアに対しては、Fibre Channel/iSCSI接続を備えたNAS(CIFS/NFS)/仮想テープライブラリ(VTL)として利用できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!