編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「間接販売とサポートを強化する」--EMCジャパン、新体制と新製品を発表

藤本京子(編集部)

2006-11-09 20:51

 「EMCジャパンは10月より新しい営業体制を取っている。これからはパートナー販売により力を入れ、サポート力も強化する」。EMCジャパンの代表取締役社長 Edward Neiheisel氏は11月9日、記者会見にて同社の新たな営業体制について説明した。

 新体制となるEMCジャパンの営業部隊は、約15%の増員となった。これまで同社の営業部隊は、直販担当が全体の85%で、パートナー販売の担当が15%という比率だったが、パートナー販売担当を増員したことにより、全体の60%がパートナー販売の担当となった。

Neiheisel氏 新体制について説明するEMCジャパンのNeiheisel社長

 Neiheisel氏は、「これまでEMCは直販に強かった。直販のDNAを生かしつつ、パートナー販売のDNAも育てていきたい。特に日本は、市場の約60%が間接販売で成り立っている。そのためEMCでは、パートナー販売担当者を2年前の5%から15%まで増員させたが、今回さらに60%にまで増員したため、営業部隊の人員比率が市場の比率と釣り合うことになる」と話す。

 また、EMCはサポート体制も強化し、米国以外では初となるグローバルテクニカルサポートを日本に新設した。EMCでは、サポートの難易度をレベル1からレベル4まで区分けしているが、これまで日本ではレベル1のサポートにしか対応していなかった。レベル2以上になると米国本社がサポートに対応していたが、グローバルテクニカルサポートを国内に設立したことにより、「レベル2〜3まで対応できるようになる」とNeiheisel氏。レベル2のサポートはすでに対応を開始しており、レベル3は年末までにサポートを開始する。

 「レベル3に対応できる技術者は、世界に約50人しかいない。日本では、約6名がレベル3に対応できる体制を取る」(Neiheisel氏)

新製品も同時に発表

 新体制の発表と同時に、EMCはハードウェアとソフトウェアの新製品を一挙に発表した。今回発表した新製品は、データ保護やリカバリのためのソフトウェア「EMC RecoverPoint」、ハイエンドのSANストレージ「Symmetrix DMX-3 950」、ファイバチャネルとiSCSI機能を組み合わせたミッドレンジストレージ「CLARiX CX3 UltraScale」シリーズ、NAS新製品の「Celerra NS」シリーズ新モデル、ディスクバックアップ新製品の「EMC Disk Library 4000」シリーズだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]