BMC、Oracle DBバックアップツール新版を「BMC Recovery Manager」で提供開始

CNET Japan Staff 2007年05月18日 19時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMCソフトウェアは、Oracleデータベースのバックアップ/リカバリツールの「SQL-Back-Track for Oracle」に新しくデータの暗号化やクローン技術を追加し、名称も「BMC Recovery Manager」に変更して、5月21日から提供を開始する。税別価格は61万8000円から。

 BMC Recovery Managerは、リカバリのプロセスを自動化するガイド付きリカバリ機能や、バックアップおよびリカバリのプロセスを事前検証するリハーサル機能、バックアップ時に二重にコピーを取るクローン機能などを備えた製品。

 標準化、手順化されたリカバリ機能を備え、リカバリ時に技術者の高度な知識や複雑な手順を必要としないほか、データも暗号化できるという。

 サポート対象OSは、Windows 2000/2003、Solaris、AIX、HP-UX, Linux(RedHat)、Oracle 8i/9/9i/10g。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR