編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

BMCソフトウェア、ITILプロセスの変更管理・リリース管理ツールを販売開始

田中好伸(編集部)

2006-07-27 03:00

 BMCソフトウェアは7月25日、ITIL変更管理・リリース管理ツール「BMC Configuration Management」(BMC CM)を8月4日から出荷開始することを発表した。価格は2000ライセンス880万円から。

 BMC CMは、情報システムを構成するハードウェアやソフトウェアのインベントリ情報を収集して、サーバやPCなどにアプリケーションの導入やパッチ配布を展開する。さらに、ITILに準拠した運用管理ソフト群「Remedy IT サービスマネジメント」と連携させることで、ITILプロセスに即したインシデント管理や問題管理、変更管理、リリース管理で発生するプロセスの流れにBMC CMの自動配布機能を連携させることができる。これにより、情報システムにおける変更の申請、承認、検証というプロセスを一元的に実施することができるという。

 BMC CMは、ディレクトリサーバと連携することでポリシーベースで企業の人事データや組織データと連携しながら、ソフトウェアの配布が自動化できるという特徴を持つ。この機能により、組織が変更になったり、部門で使用するアプリケーションが変更になったりした場合、以前の部署で使用されていたソフトウェアを削除して、新しい部署や役職に必要なソフトウェアを自動的に配布・導入することができるようになる。

 BMC CMの場合、管理者側から配布するという“プッシュ型”ではなく、エンドユーザーからアクションで取得するという“プル型”のアプリケーション導入・配布ができるという特徴を持つ。また、BMC CMのインベントリレポート機能を利用することで、ハードウェアの構成情報だけでなく、ソフトウェアの導入状況、ライセンス管理や使用状況を把握することも可能になるという。

 BMC CMはBMCソフトウェアとパートナー企業から販売される。BMCソフトウェアでは、2007年3月までに10社への導入を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]