東芝ソリューション、ディスクアレイ「ArrayFort」にアーカイブストレージ

CNET Japan Staff 2007年06月06日 22時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝ソリューションは6月6日、ディスクアレイ装置「ArrayFort」シリーズに、アーカイブストレージの新製品「AF800AC」を追加した。価格は188万6000円から。同日から営業活動を開始した。

 新製品は、2Uサイズのきょう体で、最大6.0テラバイトまで拡張可能。使用頻度の少ないデータをAF800ACに移して保管することで、データの管理コストを低減しつつ、データの参照効率を高めるといった使い方ができる。

 機能面では、ArrayFortシリーズからAF800ACにデータを複製する「装置間レプリケーション機能」や、ひとつの装置内での複数世代データの管理を実現する「装置内レプリケーション機能」を備えている。

ラインアップ ArrayFortシリーズのラインアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから