編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

外為どっとコム、Symantec Enterprise Vaultを採用--メールアーカイビングとして選択

CNET Japan Staff

2006-07-04 13:21

 シマンテックは7月3日、外国為替保証金取引会社の外為どっとコムが、顧客サービスやコンプライアンス対応の向上を図るために、同社の電子メール/コンテンツアーカイブソフトウェア「Symantec Enterprise Vault」を採用したことを発表した。

 外為どっとコムのインターネット取引システム「外貨ネクスト」のデータベースには、5万6680口座の個人情報が蓄積されており、銀行などの金融機関に対しても、情報システムをASP形式で提供している。このため、電子メールを含めたあらゆる側面におけるコンプライアンス対応の強化が求められていた。

 そこで外為どっとコムは、セキュアな情報システム環境を構築するためのプロジェクトを発足させ、電子メールシステムをウェブベースのものからMicrosoft Exchange ServerとMicrosoft Outlookの組み合わせに変更。電子メールアーカイビングソリューションとして、Symantec Enterprise Vaultを選択した。

 Symantec Enterprise Vaultによって、電子メールと添付ファイルは、自動的にExchange Serverからオンライン上のサーバへと移動させる。

 この仕組みを実現したことで同社は、情報管理の効率性を高め、コンプライアンスへの対応時間を削減することに成功したとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]