編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフト、コンテンツ管理分野でインターウォーブンと提携

Alorie Gilbert(CNET News.com)

2005-05-13 14:24

 Microsoftは、同社のソフトウェアパートナーであるInterwovenと、製品統合、研究開発、販売、およびマーケティングにおける業務提携に合意した。

 米国時間12日に発表されたこの業務提携は、文書や記録の管理に関して複雑な要件を持つ、法律事務所などの専門的な業務に携わる企業を対象にしたもの。

 Interwoven(本社:カリフォルニア州サニーベル)は、文書や電子メールなどのビジネス上の記録を作成/共有/アーカイブするシステムを専門に扱っている。同社の競合企業には、StellentやOpenText、そしてDocumentumを昨年買収して地位を固めたEMCがある。

 Microsoftとの提携により、Interwovenは、同社製品であるWorkSiteの機能をMicrosoft製品とより強力に連携させる計画だ。対象となるMicrosoft製品としては、WordとExcelを含むOffice、Windows OS、Microsoftのデータ共有ツールであるSharePoint Portal Serverの名前が上がっている。

 両社からは、今回の共同販売および開発に関する計画についてのコメントは得られなかった。

 最近のMicrosoftは、好んで業務提携を行う傾向にあり、先月にはやはり共同で製品の開発と販売を進める契約を、独ソフトメーカーのSAPと結んでいる。また今週には、サプライチェーンソフトウェアのメーカーであるi2 Technologiesとの間で、同社製ソフトウェアの基本インタフェースとしてMicrosoft Excelを採用することで合意している。

 文書管理ソフトウェアを専門とする企業は、OracleやMicrosoft、IBM、EMCなど大企業の参入により、淘汰が進んでいる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]