機動性の高い企業システムは、どうやって、どれだけ早く実現するかが重要とSybaseの幹部

山下竜大(編集部) 2007年08月09日 23時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sybaseが8月6日〜10日の5日間、ネバダ州ラスベガスで開催している「Sybase TechWave 2007」カンファレンスでは、同社のビジョンである「Unwired Enterprise」の実現を加速させる新しいアーキテクチャがSybaseの会長、社長兼CEO(最高経営責任者)であるJohn S. Chen氏から発表された。

 Chen氏に続き、基調講演に登場した同社のCMO(最高マーケティング責任者)でワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるDr. Raj Nathan氏は、新しいアーキテクチャの詳細について紹介した。

SybaseのDr. Raj Nathan氏 SybaseのCMOでワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるDr. Raj Nathan氏。

 Nathan氏は、「機動性の高いエンタープライズシステムの実現は、もはや疑う時期ではない。どうやって、どれだけ早く実現するかが重要な時期にきている。トラディショナルなアプリケーションとモバイルアプリケーションが融合し、統合アプリケーションに進化する動きは確実に始まっている」と話す。

 この進化を牽引しているのは、高速なネットワーク環境の登場やバッテリーの長寿命化、堅牢なモバイルデバイス用OSの登場、ブログやWikiなど、コンシューマ側から火がついたテクノロジのエンタープライズ分野への採用、さらに強力なデバイスの爆発的な普及などだ。

 「登場した当時のモバイルデバイスは、PIM(Personal Information Manager)としてメールやスケジュールの確認くらいにしか使えなかった。しかし、営業や製造現場などでも利用されるようになり、現在では複雑なアプリケーションやビジネスプロセスの実行など、より戦略的な場面で利用されるようになっている」(Nathan氏)

 こうした現状からモバイルアプリケーションプラットフォームの必要性が高まっており、チャレンジの繰り返しから生まれたのが、Unwired Enterpriseを加速させる次世代アーキテクチャだった。

 新しいアーキテクチャは、データサービス、モバイルミドルウェアサービス、デバイスサービス、統合アプリケーション開発ツール、管理コンソールで構成され、メッセージングサービスを経由して、構造化データから非構造化データまで、さまざまなデータソースにあらゆるデバイスからアクセスすることを可能にする。

 データサービスでは、エンタープライズデータの高速なアクセスを可能にするマルチノードの分散キャッシング機能を提供。SQLやXMLなどによる分散クエリにより、構造化データから半構造化データ、非構造化データまで、異種混合のデータソース管理を容易にする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!