OpenSSL 0.9.8gリリース

荒浪一城 2007年10月22日 20時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 19日、OpenSSLプロジェクトは、様々なバグを修正したOpenSSL 0.9.8gをリリースした。

 OpenSSLプロジェクトは、SSL(Secure Sockets Layer)とTLS(Transport Layer Security)プロトコルを実装しているオープンソースのライブラリー。OpenSSL 0.9.8fでは、ソースコードのバージョン表記に問題がありOpenSSHとの間で不具合が生じていた。

 今回のリリースにおける、変更点は以下のとおり。

  • ssl_ctx_st構造のバイナリーの不一致を修正
  • DTLSの相互動作がサーバーの規約に準拠していなかったバグを修正
  • get_session_cb()関数をセッションなしに呼び出さないように修正
  • ia64アセンブラコードを修正
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?