編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「OpenSSL」に、DoSとシステムアクセスの脆弱性

荒浪一城

2007-10-17 11:34

 12日(デンマーク時間)、SecuniaはオープンソースによりSSL(Secure Socket Layer)を実装した「OpenSSL」にDoS(サービス拒否攻撃)とシステムアクセスの脆弱性が発見されたと公表した。影響度は、5段階中上から2番目の「Highly critical」に位置づけられている。

 脆弱性は、不特定なエラーによりDTLS実装の中で引き起こされる。攻撃により任意のコードを実行させる可能性を持っている。この脆弱性は、明らかにDTLSを使用するところで、クライアントとサーバーにだけに影響する。脆弱性は0.9.8f以前のすべてのバージョン0.9.8で報告されている。

  • 影響を受けるバージョン
    • OpenSSL 0.9.x
  • 解決策:
    • OpenSSL 0.9.8fにアップデートすること

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]