Javaウェブアプリフレームワーク「Apache Wicket 1.3.0-rc1」リリース

原井彰弘 2007年11月12日 19時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apache Wicketプロジェクトは11月11日、Javaのウェブアプリケーションフレームワーク「Apache Wicket 1.3.0-rc1」をリリースした

 Apache Wicketは、コンポーネント指向のJavaウェブアプリケーションフレームワーク。XMLをほとんど用いず、POJOデータモデルを中心とした開発を行うことが可能で、ウェブアプリの開発をシンプルにできるとしている。

今回リリースされた新バージョンは、1.3系で初のリリース候補版。前回リリースされたbeta4と比較して、50近くのバグが修正されたほか、機能改善を実施している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!