編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Javaウェブアプリフレームワーク「Apache Wicket 1.3.0-beta4」リリース

荒浪一城

2007-10-14 16:23

 10月11日、「Apache Wicket 1.3.0-beta4」がリリースされた。今回のリリースは、4番目のベータバージョンとなる。以前のバージョンよりも120を超えるバグやTODOリストをこなしたものになる。

 Apache Wicketは、コンポーネント指向のJavaウェブアプリケーションフレームワーク。サーブレットを利用するための設定ファイル「web.xml」が唯一利用されるXMLファイルとなり、HTMLとJava(POJO)によってウェブアプリケーションが構築可能であるという特徴的なフレームワークだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]