編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Pure Javaビルドツール名前が「Gosling」に--既存プロジェクトと統合

大野晋一(編集部)

2007-05-23 16:58

 先日、XMLではなくJavaで記述するビルドツールについてお伝えした(Ant/Mavenに続け―Wicketコミッタ、Javaのみで記述するビルドツール開発中)が、名前が"Gosling"に決定したようだ。GoslingはApache Antをベースにした既存のビルドツール。同じくJavaで記述するビルドツールを開発しているプロジェクトとの統合という選択になった。

 「新しいビルドツール」を開発していたWicketプロジェクトのJonathon Locke氏は自身のブログで今回の統合について20日に投稿している。15日の開発表明から1週間足らずで自身のコードをGoslingプロジェクトに寄贈するという決定となった。この間に15日のエントリーには23のコメントが投稿されている。

 同氏はこのエントリーの中で現在AntベースのGoslingが、今後はAntベースではなくなるとしている。また、Goslingプロジェクト側もJonathon Locke氏の加入によってプロジェクトは別の方向を目指すことになる、としている。結果的に同氏の「新しいビルドツール」がGoslingを吸収し、そのブランドを引き継ぐことになるようだ。

 開発リソースも増えた新しいGoslingの成果に期待したいところ。ちなみに、GoslingとはSun MicrosystemsのJames Gosling氏のことではなく、ひよこのこと。GoslingプロジェクトではHans Christian Andersen氏の童話"The Ugly Ducking"へのオマージュだとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]