ラウンドアップ:Oracle OpenWorld 2007開催--4万2000人がオラクルの30周年を祝う

ZDNet Japan編集部 2007年11月19日 20時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ラウンドアップ】 

 Oracle Corporationは11月11日〜15日の5日間、同社の年次ユーザーカンファレンス「Oracle OpenWorld 2007 San Francisco」を、カリフォルニア州サンフランシスコのモスコーニセンターをはじめ、周辺ホテルなどに約4万2000人を集めて開催した。

 同カンファレンスでは、OracleのCEOであるLarry Ellison氏が1977年に設立されたOracleの30年間を振るとともに、同社の主力製品である「Oracle Database 11g」の最新情報やデータベースの仮想化に対する取り組み、最新ミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware 11g」、Oracle Applicationsの基盤となる「Application Integration Architecture(AIA)」、SaaSへの取り組み、Unbreakable Linuxの最新動向などが発表された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!