クラウド利用/検討中の方へセキュリティ対策についてアンケート

企業のクラウド利用が拡大していますが、特にIaaSと呼ばれるパブリッククラウドを導入しようとすると、相変わらず問題となるのがセキュリティです。よく言われる「漠然とした不安」については、クラウドに関するセキュリティ認証制度が整備されてきたことや、公的機関・自治体がクラウドの導入を積極的に推進し始めたことによってすこしずつ解消されていくものと思います。一方で、仮にセキュリティ認証を取得しているとはいえ、そのクラウドサービスでは具体的にどのようなセキュリティ対策が施されているかわかりづらい、自社でどこまでの対策を行えばいいかわからないといった課題も出てくるようです。

一口に「クラウドのセキュリティ」といっても、対象も範囲も幅広く多岐に渡るのはもちろん、新しいインターネット上の脅威が次々に生まれている状況もあり、限られたIT予算内での現実解は、大変見えにくくなっているのが現状です。

そこで本アンケートでは、クラウドを実際に導入した企業および、何らかの理由でクラウドを導入していない企業からも「生の声」を集めたいと思います。
それによって、クラウドを導入した企業は「(パブリック)クラウドのセキュリティ」について、どこまでをリスクとして認識して対策を行っているかどうか、またクラウドを導入していない企業についてもセキュリティに関する認識度を確認することで、これから必要なセキュリティ対策のあり方について考えてみたいと思います。

ぜひ、ご協力お願い頂ければ幸いです。

現在クラウドを利用していますか。

利用している

利用していない

個人情報の取り扱いについて

<個人情報の利用目的>
アンケート回答後、回答内容、およびCNET_IDご登録の個人情報は、 当社と個人情報保護に関する契約書を取り交わしております富士通クラウドテクノロジーズ株式会社に、当社個人情報取扱フローに準じて、適切な方法にて提供されます。
お客様の個人情報は富士通クラウドテクノロジーズ株式会社より製品・サービスに関する情報を 電子メールやダイレクトメール、お電話にてご提供する場合のみ、利用致します。
具体的な個人情報の利用目的については「サービスごとの個人情報の利用目的」をご覧下さい。
必要な個人情報をご記入いただけない場合には、プレゼント当選の対象外とさせて頂きますのでご了承下さい。
<個人情報の取扱いについて>
ご回答いただいた内容、および個人情報は、 朝日インタラクティブ個人情報保護方針の下で適切に取り扱われます。
当社では個人情報を、上記に記載している利用目的の範囲内で外部に委託する場合、および法令等に基づく正当な理由により要求された場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく第三者に開示または提供することはありません。また、本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得することもございません。
お客様ご本人の情報についての利用目的の通知・開示・利用停止、提供の拒否のご依頼については こちら、訂正・削除ついてはこちらをご覧下さい。
朝日インタラクティブ株式会社
個人情報管理責任者 経営管理部マネジャー
提供:富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2017年12月31日