編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

 Security Trend 2020 Spring

クラウドbyデフォルト時代の情報セキュリティ
クラウドの普及とリスクの変化ゼロトラストで考えるセキュリティ基盤再構築

開催日: 2020年2月3日(月)
会場: ベルサール神保町アネックス
いまシステム構築はクラウドを第1候補としたクラウドbyデフォルトの時代にかわってきている。これは働き方改革や生産性向上といったビジネス課題、グロバール化によるビジネススピードの加速などを背景にIT基盤に「俊敏性」や「柔軟性」など、これまでとは違う要件が求められているからだ。そしてクラウドの普及は企業の情報セキュリティのあり方にも変化を求めている。従来の情報セキュリティでは守るべき対象は社内にあったため境界防御やプロキシが中心であった。しかし今日では、守るべき対象は社内に限定されず社外にも持ち出され、それに対する定義づけや権限管理はこれまでより更に複雑になった。クラウドbyデフォルトとなった今、セキュリティへの考え方も、時代に即したものへ変えなくてはらず、当然ながらセキュリティ基盤も再構築していく必要性が求められているのだ。その代表と言えるのが「多層防御」「ゲートウェイセキュリティ至上主義」というこれまでの固定概念からの脱却だ。

本セミナーでは、クラウドbyデフォルト時代に即したセキュリティ概念として注目されている「ゼロトラスト」という考え方を軸に、いま必要とされているセキュリティ、そしてセキュリティ基盤のあり方を考える。

開催概要

名称:
ZDNet Japan Security Trend 2020 Spring
開催日時:
2020年2月3日(月)12:30開場 13:00開演
場所:
ベルサール神保町アネックス [会場について]
参加費:
無料(事前登録制)
定員:
100名
対象:
ユーザー企業の経営者、CIO(最高情報責任者)、情報システム部門、経営企画部門、事業(ビジネス)部門の皆さま。
 (※本セミナーはユーザー企業様を対象としております。ユーザー企業のご参加を優先するため、ITベンダー様およびシステム開発事業者様のご応募をお断りする場合があります)

本イベントは大変ご好評につき満席となり、お申し込み受付を終了いたしました。

セッション一覧

13:00
|
13:55
基調講演
事例から考えるリスクの変化。クラウド特有のリスク気づいてますか?
2017年頃から国内でも報道されるようになったアマゾンS3の設定ミスにより情報漏洩。シャドーITが原因と推測される情報漏洩。多発するOffice365に対する不正アクセス。日本でもクラウドを舞台にしたセキュリティインシデントが報道されるようになってきました。報道されるインシデントの大半は、クラウド固有のリスクを理解と対策が行われていれば回避出来たと推測されるものが大半です。本セッションでは最新のクラウドセキュリティインシデントを題材として、クラウド時代に考慮すべきリスクの変化についてお話しします。
大元 隆志氏

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
マルチクラウドビジネス推進部
エキスパートエンジニア

大元 隆志氏

プロフィール
通信業界で設計、提案、企画を14年経験後、クラウド利用増加に伴いクラウドセキュリティソリューションのビジネスイネーブルメントを担当し、現在はクラウドセキュリティコンサルティングを担当している。社会貢献の一環として国士舘大学 経営学部にて非常勤講師を兼務しており、即戦力の有る学生を育成するため学生向けに企業におけるモバイル/クラウド活用講座を実施している。
所有資格:公認情報システム監査人(CISA) 、CSA認定CCSK、AWS認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナル、個人情報保護監査人、MCPC認定シニアモバイルシステムコンサルタント。
14:00
|
14:40
講演
何を疑い、どうやって確認する?
モバイル中心のゼロトラストについて
近年、多くの企業がクラウドサービスを導入し、ITインフラが大きく変化しました。また、働き方改革の推進によってモバイルデバイスが業務の中心になり、企業のIT環境が更に変化しています。その中で、今まで存在していた境界線が消えつつあり、ゼロトラストという考え方が広く認識されてきました。モバイルを中心としたゼロトラスト環境を前提に物事を考える場合、「すべてを疑い、常に確認する」という思想をプロセスの中に練り込む必要があります。このセッションでは、何を疑い、どうやって確認するのかをわかりやすく説明します。
李奇・リチャード氏

モバイルアイアン ・ジャパン
チャネル営業本部長・エバンジェリスト

李奇・リチャード氏

プロフィール
2013年~2017年モバイルアイアンジャパンの立ち上げに参加し、エンジニア、営業、そしてエバンジェリストとして活躍。 2017年以降の2年間、エンドポイントセキュリティ業界でエンジニアとして働いた後、2019年からモバイルアイアンジャパンのチャネルビジネスを担当。
14:50
|
15:30
講演
先進顧客事例に学ぶゼロトラストアクセス
分散時代をセキュアにするエッジセキュリティ
クラウドシフトを進める多くのユーザーにとって、2020年はゼロトラストを「実行」するフェーズに移行します。2019年に広く理解されたゼロトラストアクセスの概念に対して、アカマイではそれを一歩進めるための具体的な先進事例を多数持っています。本セッションでは、その一部をご紹介し、参加者の方々の今後のシステムデザインにお役立て頂けます。

アカマイ・テクノロジーズ合同会社
マーケティング本部
シニアプロダクトマーケティングマネージャー

金子 春信氏

プロフィール
15年間にわたりITインフラ業界でエンジニア、新規事業開発、プロダクトマーケティングに従事。SEとしてキャリアをスタートし、複数の大手SIerにおいて、金融、製造を中心とする大企業顧客向けのネットワーク、セキュリティ、コラボレーションのシステム設計構築を多数経験。2012~2015年、米国シリコンバレーのNet One Systems USAのビジネスデベロップメントマネージャとして、セキュリティやクラウド関連などのスタートアップと協業した事業開発を担当。2018年より現職。CISSP、CCIEを保有。
15:40
|
16:20
講演
クラウドシフト時代を支えるセキュリティ
~ゼロトラストセキュリティソリューションのご紹介~
近年、働き方改革や生産性向上など、より柔軟性のある働き方やビジネススピードの加速が求められるようになっています。また、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みを行っており、特に業務システムのクラウドサービスへの移行(クラウドシフト)が顕著です。
本講演では、オンプレミスとクラウドサービスの併用をしなければいけない現状に対し、「ゼロトラストセキュリティ」をどのように適用すれば良いか対策例をご紹介します。
宮崎 秀雄氏

株式会社日立ソリューションズ
セキュリティマーケティング推進部
グループマネージャ

宮崎 秀雄氏

プロフィール
業務アプリの開発、電子購買システムの構築等に従事していた中、2006年から指静脈認証システムのプリセールスエンジニアを担当することに。その後、提案の守備範囲を認証関連、セキュリティ対策全般と広げている中、ある企業のCSIRT業務に3年ほど従事。幸い、大きなインシデントに遭遇しなかったが、小さなイベント等を経験し、現場の苦労を実感する。現在は、プリセールスエンジニアに復帰し、セキュリティソリューション全般の拡販に従事している。
16:30
|
17:20
クローズセッション
ゼロトラスト・モデルがあらためて注目!
働き方改革にセキュリティ対応は間に合うか、イントラネット管理者はどう対応すべきか
現在はさまざまなクラウドサービスが浸透し、全ての業務アプリケーションがデータセンター含む社内にあるわけではありません。また、それらにアクセスするクライアント端末も、PCだけでなくスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスが使われるようになっています。ゼロトラストは、今までの境界防御では対応できない利用形態や脅威に対応するために避けられない選択肢といえます。社内ネットワークの通信も「信頼しない」ことを前提にセキュリティを設計するゼロトラスト・モデル。イントラネット管理者はどう対応していくか考えます。
熱海 徹氏

SOMPOリスクマネジメント株式会社
サイバーセキュリティ事業本部
フェロー 兼プロダクト戦略部長

熱海 徹氏

プロフィール
1978年4月 日本放送協会入局 システム開発、番組制作、オリンピック業務に従事
2013年6月 本部・情報システム局にてサイバーセキュリティ対策グループ統括
2016年7月 一般社団法人ICT-ISAC に出向
2020年のスポーツイベントに向けて日本の放送業界セキュリティ対策に従事
サイバーセキュリティ対策推進や経営層に向けたセキュリティ対応策について数多くのセミナー・イベントに登壇
2018年9月 SOMPO リスクマネジメント(株)に入社
サイバーセキュリティ事業のサービスに関する研究開発、技術評価、サービス企画開発等の統括
2019年7月 経済産業省 産業サイバーセキュリティ研究会 有識者委員

※プログラムは、予告なしに内容を追加や変更することがございます。ご了承ください。

参加申込み

本イベントは大変ご好評につき満席となり、お申し込み受付を終了いたしました。

個人情報の取り扱いについて

<個人情報の利用目的>

・本セミナーへのご参加には、CNET_IDへのご登録が必要です。CNET_IDご登録時にご入力いただきました登録情報は、当セミナーに関するご連絡、及び朝日インタラクティブよりご提供するメンバーサービスに利用されます。

・また、本セミナーにお申し込みされたお客様の情報は、当社と個人情報保護に関する契約書を取り交わしております、協賛企業(アカマイ・テクノロジーズ合同会社、株式会社日立ソリューションズ、モバイルアイアン ・ジャパン)に、当社個人情報取扱フローに準じて、適切な方法にて提供されます。

・お客様の個人情報はアカマイ・テクノロジーズ合同会社、株式会社日立ソリューションズ、モバイルアイアン ・ジャパンより製品・サービスに関する情報を電子メールやダイレクトメール、お電話にてご提供する場合のみ、利用致します。

・具体的な個人情報の利用目的については「サービスごとの個人情報の利用目的」をご覧下さい。

・必要な個人情報をご記入いただけない場合には、当セミナーへの参加をご遠慮いただく場合がございますのでご了承下さい。

<個人情報の取扱いについて>

・ご回答いただいた内容、および個人情報は、朝日インタラクティブ個人情報保護方針の下で適切に取り扱われます。

・当社では個人情報を、上記に記載している利用目的の範囲内で外部に委託する場合、および法令等に基づく正当な理由により要求された場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく第三者に開示または提供することはありません。また、本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得することもございません。

・お客様ご本人の情報についての利用目的の通知・開示・利用停止、提供の拒否のご依頼についてはこちら、訂正・削除についてはこちらをご覧下さい。

朝日インタラクティブ株式会社
個人情報管理責任者 経営管理部マネジャー

【お問い合わせ】
朝日インタラクティブ株式会社 お客様プライバシー係
privacy-inq@aiasahi.jp
※当社の個人情報の取扱いに関するご質問や苦情等のご連絡はこちらから

お問い合わせ

当セミナーに関するお問い合わせは、以下までメールにてご連絡下さい。

朝日インタラクティブ イベントサポート メールアドレス:

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]