HENNGE Oneの連携ソリューションに、ID認識型プロキシソリューション「Enterprise Application Access」を追加

HENNGE株式会社

From: PR TIMES

2024-04-25 17:46

HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、働く環境の「安全性」と「利便性」を支えるクラウドセキュリティサービス「HENNGE One」が、アカマイ・テクノロジーズ合同会社(本社:東京都中央区、職務執行者社長:日隈寛和、以下「Akamai」)が提供するAkamai のクラウド型ID認識型プロキシソリューション「Enterprise Application Access (EAA)」 に対応したことを発表します。



[画像: (リンク ») ]

リモートワークの普及、クラウドサービスの利用が進むにつれ、セキュリティの強化と利便性の両立が企業にとって大きな課題となっています。そんな中で関心が高まっているのが、自社の情報資産へのあらゆるアクセスについて都度確認・認証するというゼロトラスト・セキュリティの考え方です。一律のポリシーを適用することで、運用の効率化と安全性の向上を実現できます。

「HENNGE One」と「EAA」が連携することにより、「HENNGE One」を利用する企業は「EAA」へのシングルサインオンが可能となり、「HENNGE One」ではカバーできない、オンプレミス環境への暗号化された通信や、アプリケーションレベルでのアクセス制御などを「EAA」によって実現可能となります。
HENNGEでは今後も「HENNGE One」と連携するSaaSを増やし、企業の利便性と安全性の両立したSaaS導入を支援してまいります。

Enterprise Application Access (EAA)について


「EAA」は、クラウドで提供されるID 認識型プロキシ(IAP)で、あらゆるユーザーや端末、場所からのアクセスに対して、適切な認証を行い、アクセス権限を管理できるようにするためのソリューションです。
URL: (リンク »)

HENNGE Oneについて


HENNGE One は組織の生産性向上を実現する国内シェアNo.1 クラウドセキュリティサービスです。 生産性向上にはSaaS をはじめとする最新テクノロジーの活用が不可欠ですが、一方でそこにはセキュリティをはじめとする様々な課題が存在します。
HENNGE One は、3つのEdtion で構成。複数のシステムID をまとめて保護し、安全で効率的な働き方を実現する「Identity Edition」。組織内に散在するデータの意図せぬ情報漏えいを防止する「DLP Edition」。そして、テクノロジー、人、プロセスの全方位で組織をサイバー攻撃から守る「Cybersecurity Edition」。
あらゆる組織の課題を機能と導入しやすさを兼ね備えたセキュリティで解決し、テクノロジーの解放を実現します。
URL: (リンク »)

Akamai について


Akamai はオンラインライフの力となり、守っています。世界中の先進企業が Akamai を選び、安全なデジタル体験を構築して提供することで、毎日、世界中の人々の生活、仕事、娯楽をサポートしています。超分散型のエッジおよびクラウドプラットフォームである Akamai Connected Cloud は、アプリと体験をユーザーに近づけ、脅威を遠ざけます。Akamai のクラウドコンピューティング、セキュリティ、コンテンツデリバリーの各ソリューションの詳細については、 akamai.com および akamai.com/blog をご覧いただくか、 X(旧 Twitter)、および LinkedInで Linode をフォローしてください。

アカマイ・テクノロジーズ合同会社について


アカマイ・テクノロジーズ合同会社は、1998年に設立された、Akamai Technologies, Inc. (本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、最高経営責任者:Tom Leighton)が100%出資する日本法人です。日本国内では約800社にサービスを提供しています。

会社名:アカマイ・テクノロジーズ合同会社
所在地:〒104-0028 東京都中央区八重洲 2-2-1 東京ミッドタウン八重洲 八重洲セントラルタワー
代表者:職務執行者社長 日隈 寛和
URL: (リンク »)

HENNGE株式会社について


1996年11月に設立。「テクノロジーの解放で世の中を変えていく」を理念に、テクノロジーと現実の間のギャップを埋める独自のサービスを開発・販売しているSaaS企業です。複数のクラウドサービスのID/パスワードを統合管理するクラウドセキュリティサービス「HENNGE One」や、クラウド型メール配信サービス「Customers Mail Cloud」を提供しています。2019年10月、東京証券取引所マザーズ市場に上場。2022年4月、東証グロース市場に移行。
社名の「HENNGE(へんげ)」は「変化(HENNKA)」と「チャレンジ(CHALLENGE)」を組み合わせ、あらゆる変化に挑むとの決意を表しています。

会社名:HENNGE株式会社
証券コード:4475
所在地:東京都渋谷区南平台町16番28号 Daiwa渋谷スクエア
代表者:代表取締役社長 小椋 一宏
URL: (リンク »)

<本リリースに関するお問い合わせ先>
HENNGE株式会社
Corporate Communication Division
TEL:03-6415-3660
E-mail:info@hennge.com 担当:山本

*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]