ソニックウォール、UTMアプライアンスを発表--ギガビットイーサを10ポート搭載

ニューズフロント 2006年02月24日 15時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米SonicWALLは2月24日、ギガビットイーサネットを10ポート備えるセキュリティ装置「PRO 4100」の日本語版を3月2日から販売すると発表した。単一装置で複数の脅威に対応する統合型脅威管理(UTM:Unified Threat Management)タイプの製品である。

 10個のギガビットイーサネットポートは、それぞれ別のLANやWAN、DMZ、カスタムネットワークゾーンなどとして設定可能で、WAN冗長化による業務継続手段としても利用できる。ウイルス対策、スパイウェア対策、侵入検知・防御(IPS)、迷惑メール対策といった機能を標準で備える。オプションでコンテンツフィルタリング機能も用意する。

 自動アップデート機能により、セキュリティ情報を常に最新の状態に保てる。日本語版とするにあたり、GUIを日本語化したほか、日本語マニュアルも提供する。そのほかの主な仕様は以下のとおり。

  • 同時セッション数:60万セッション
  • ステートフルファイアウォール処理性能:800Mbps
  • VPN処理性能:350Mbps
  • VPNトンネル数:4000本
  • VPNクライアントサポート数:最大5000クライアント
  • 外形寸法:43.18×41.23×4.45cm
  • 重量:6.83kg

 価格は188万円。2年目以降オプションとなるアンチウイルス/アンチスパイウェア/IPSの料金は年額34万2000円。コンテンツフィルタサービスの年額料金は、スタンダード版が16万円、プレミアム版が34万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連記事

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?