編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

フォーティネット、FortiGateファームウェアをバージョンアップ--IMやPtoPの制御も可能に

田中好伸(編集部)

2006-02-07 21:04

 統合型セキュリティアプライアンスを提供するフォーティネットジャパンは2月7日、「FortiGate」シリーズの新しいファームウェア「FortiOS 3.0」を発表した。FortiOS 3.0は3月から配布される。

 FortiOS 2.8からのバージョンアップとなるFortiOS 3.0では、インスタントメッセージング(IM)ソフトとPtoPソフトのコントロールができる。

 対象となるIMソフトはMSN、Yahoo、AIM、ICQ。これらIMソフトでのファイルの送受信時にウイルスを検索、ウイルス検知時にはファイルを隔離する。またアプリケーションごとにログイン・ファイル転送、音声通信をブロックできる。またIMソフトを利用しているユーザーの数や累計、メッセージ数も確認できる。

 PtoPソフトでも、アプリケーションごとにブロックできるほか通信レートを制限することができる。IMソフトと同様にやり取りしたデータサイズの累計、平均使用帯域などの統計を閲覧できる。。対応するPtoPソフトは、Skype、BitTorrent、eDonkey、Gnutella、KaZaa、Winnyとなっている。

 なお前版の2.8でも、不正侵入防御(IPS)機能と連動させることでPtoPソフトの通信をブロックできていた。新版では、管理ツールである「FortiManager 3.0」で単純に行えるようになっている。

 FortiOS 3.0では、FortiManager 3.0と分析ツールの「FortiAnalyzer」との機能連携が強化されている。FortiAnalyzerは、Fortigateで発生するログやイベントなどからレポートを作成できる。

 新版の3.0には、SSL-VPN機能が追加されている。また、Windowsのアクティブディレクトリとの統合機能も搭載。シングルサインオンでユーザーグループ単位でのプロファイルを管理できるようになっている。これにより、グループごとでアクセスできるアプリケーションを制御できる。

 FortiGateシリーズは、ファイアウォール、ウェブフィルタリングやウイルス対策、IPS、迷惑メール(スパム)対策、VPNの6つの機能が搭載される統合型セキュリティアプライアンス。フォーティネットジャパンでマーケティングマネージャを務める菅原継顕氏は「統合型セキュリティアプライアンスは、サーバにセキュリティソフトを導入するよりも、初期費用・維持費用がともに低く抑えることができる」とのメリットを強調。また「コールドスタンバイでもう1台用意しておけば、耐障害性という点でもメリットがある」(菅原氏)としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]