編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ノキア、スループット6Gbpsのファイアーウォール新製品

別井貴志(編集部)

2006-02-21 19:36

 ノキア・ジャパンは2月21日、中・小規模企業向けファイアーウォール、仮想プライベートネットワーク(VPN)アプライアンスの新製品「Nokia IP560」の販売を2月下旬から開始すると発表した。また、同時にサービスプロバイダーや大規模企業向け主力製品「Nokia IP2250」の拡張オプションとして「Nokia IP2250用10ギガビット・イーサネット・カード」も販売する。

 税込み価格は、IP560が341万1450円(ソフトウェア除く)、IP2250用10ギガビット・イーサネット・カードが214万2000円。

 IP560の最大の特徴は、中規模、大規模オフィスに対して、他社同等製品の約2〜3倍のパフォーマンスを発揮することだ。コンパクトな1Uサイズで、ネットワーク・セキュリティに特化したNokia IPSOオペレーティングシステム上に、SecureXL搭載のCheck Point VPN-1 Proソフトウェアを搭載する。インターフェースは、標準で1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-Tの自動認識ポートを4つ備え、最大16ポートまで拡張できる。

 4ポートの1000Base-Tイーサネットカードの使用によって、毎秒5万8000コネクションまでサポートでき、ファイアウォールのスループットは6Gbps、VPN上で暗号化したデータのスループットは1.9Gbpsにのぼる。

 また、1GBのDDRメモリを標準搭載し、最大2GBまで拡張可能だ。本体内にHDDを搭載しないフラッシュベースと、ハードディスクドライブ(HDD)とフラッシュを両方搭載するハイブリッド構成の2つを選択できる。オプションとして、ストレージとログ記録用にHDDを最大2台追加可能になっている。

 一方、IP2250用10ギガビット・イーサネット・カードは、企業やサービスプロバイダーの顧客の保有するコアネットワーク内部で、Nokia IP2250の構築がより簡素化され、接続オプションを拡げる。このカードと、Nokia IPSOが提供するネットワーキング機能を組み合わせることで、大量のトラフィックに対応する大規模ネットワーク環境の中ににCheck Point VPN-1を導入しやすくなるという。

 同社のエンタープライズ・ソリューションズ事業部は、2006年前半に注力することとして、(1)チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズとの協業を強化すること、(2)エンドユーザーのニーズに迅速に対応すること、(3)コストパフォーマンスの高い製品をタイムリーに投入すること、の3点を掲げている。

060221_nokia.jpg
2月下旬に販売を開始する中・小規模企業向けファイアーウォール、VPNアプライアンスの新製品「Nokia IP560」。税込み価格は、341万1450円(ソフトウェア除く)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]