編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SonicWALL、小規模向けセキュリティ・スイッチング・プラットフォーム

WebBCN (BCN)

2005-07-22 11:21

 ソニックウォールは、24ポートの小規模向けトータル・セキュリティ・スイッチング・プラットフォーム「SonicWALL PRO 1260 Enhanced」を8月1日に発売する。価格(税別)は、初年度保守費用含みで43万円。

 同製品は、インターフェースごとにゾーンを割り当て、カスタマイズ可能なSonicWALLaPortShieldアーキテクチャを採用したSonicOS 3.1 Enhancedオペレーティングシステムを搭載する。これにより24個のポートに対して、個別にきめ細かなセキュリティポリシーを設定することが可能だ。また、各ポートでのバーチャル・ファイアウォール機能を利用すれば、外部からの攻撃だけでなく、LAN内部のセキュリティ強化も実現できる。

 オプションでゲートウェイアンチウィルスやアンチスパイウェア、IPS(侵入検知・防御)、アンチスパム、コンテンツフィルタリングなどの機能も利用可能。また、VLANアーキテクチャなどの複雑なネットワークを構築せずにインターネットやルータなど他のデバイスを経由する攻撃から各ポートを保護できる。Webインターフェースや設定・管理ウィザードの採用で、操作性に優れるのも特徴。スイッチング機能と個別のファイアウォール機能を1台で実現できるので、コストパフォーマンスも高い。

ソニックウォール

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]