編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SonicWALL、セキュリティとスイッチ機能統合のラック型アプライアンス

WebBCN (BCN)

2005-04-22 14:02

 米SonicWALL(内山高夫代表)は、包括的なセキュリティ機能とスイッチング機能を搭載した小規模ネットワーク向けトータルセキュリティスイッチングプラットフォーム「SonicWALL PRO 1260」を4月20日から販売開始した。価格(税別)は33万円。

 同社はこれまで、小規模ネットワーク向けセキュリティアプライアンスとして、コンパクトでコストパフォーマンスに優れ、設定・管理が容易な「TZ170シリーズ」を提供してきた。今回、ラックに収納して管理を行いたいというニーズに対応し、1Uラックサイズの小規模ネットワーク向けの「SonicWALL PRO 1260」を追加した。

 新製品は、ディープパケットインスペクションファイアウォールやIPSec VPN、24ポートの自動MDIXレイヤ2スイッチを1台に統合したオールインワンソリューション。新たに「スイッチング機能」を追加したことで、投資コストを抑えた効果的なセキュリティ対策の構築が可能になる。

 主な特徴として、セキュリティとスイッチング機能の統合により、容易なネットワーク管理を実現する。また、「SonicOS Standard版」を搭載し、日本語Webインターフェースと管理ウィザードによって簡単に設定・管理できるほか、SonicWALLゲートウェイアンチウィルス/アンチスパイウェア/IPS、コンテンツフィルタサービス、ネットワークアンチウィルス、ViewPointレポート機能を利用することで、ユニファイドスレットマネージネント(統合型脅威管理)を実現できる。

SonicWALL

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]