代ゼミ、汎用機のマイグレーションで「Curl」を採用

CNET Japan Staff 2006年08月23日 17時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住商情報システム(SCS)は8月22日、学校法人高宮学園代々木ゼミナールが従来、汎用機で稼動していた学内・進学相談用のオンライン情報検索システム「PASSシステム」のフロントユーザーインタフェースとして、リッチクライアント言語である「Curl」を採用したことを発表した。

 代ゼミでは、ドラッグ&ドロップ機能や検索結果のソート、グラフの生成、帳票印刷、そして視認性や操作性について評価。主にグラフ表現の出力を評価し、Curlを採用した。

 「旧システムと違和感なく、また操作説明もなく使えるように」というコンセプトで構築した新システムでは、利用ユーザーからの問い合せも受けずシステムの移行が完了したという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR