NTTデータイントラマート、ソニック製SOA構築基盤製品を出荷

CNET Japan Staff 2006年11月16日 15時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータイントラマートとソニックソフトウェアは11月15日、ソニックのSOA構築基盤製品「Sonic ESB」をイントラマートの「intra-mart WebPlatform V6.0」エンタープライズ版でOEMし、「IM-Sonic ESB」として標準でバンドルすると発表した。

 この合意でイントラマートは、SOA構築基盤の分野でのシェア拡大を図る。一方のソニックは、SOA製品の普及と市場拡大を目指す。両社は今後、マーケティングおよび営業活動、セミナー/イベントなどのプロモーションでも協業する。

 intra-mart WebPlatform Ver.6.0エンタープライズ版の価格は1CPUあたり320万円。初年度100ライセンスの販売を目指す。

 従来のSOA構築基盤製品は、価格面で一般の企業が導入するには敷居が高く、SOA製品単独ではシステムとして導入しにくいという点があった。これに対して、intra-martはウェブシステムの構築基盤として1700を超える導入実績があり、蓄積してきた日本企業向けのノウハウを実装したintra-martとSOA製品の融合で、効果的なソリューションを提供できるとしている。

 intra-martはウェブシステム構築のための商用フレームワーク製品群の総称。アプリケーションサーバやJ2EEフレームワーク、ビジネスモジュール群から構成され、多くの企業のウェブ基盤構築で採用されている。

 Ver6.0からは、ウェブシステム開発用のスタンダード版、ワークフロー/BPM構築用のアドバンスト版、ERPフロント/SOA対応用のエンタープライズ版の3種類の製品構成となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!