編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NTTデータイントラマート、ソニックソフトウェアのESB対応ミドルウェアをOEM販売

ニューズフロント

2006-02-16 14:53

 NTTデータイントラマートとソニックソフトウェアは2月16日、ソニックソフトウェアのサービス指向アーキテクチャ(SOA)対応システム統合ミドルウェア「Sonic ESB」の販売に関するOEM契約を締結したと発表した。

 Sonic ESBは、再利用可能なサービスの連携でビジネスプロセスを構成、変更するSOA構築技術Enterprise Service Bus(ESB)に対応した統合ミドルウェア。WebサービスやJava、XMLなど標準技術を採用しており、分散環境でサービスを提供、仲介する。Sonic ESBを使うと、既存システムの機能をサービスとして扱い、ほかのシステムで容易に再利用できるようになる。

 両社はOEM契約に基づき、NTTデータイントラマートのウェブシステム構築ソフト「intra-mart」のオプション製品として、Sonic ESBを販売する。両製品を組み合わせることで、ウェブ対応フロント業務システムやERPシステムなど基幹アプリケーションの統合からビジネスプロセス連携まで、俊敏性とコスト効果の高いソリューション提供が可能になる。また、既存システムやレガシーシステムとウェブシステムとの、柔軟かつ迅速な統合も実施できる。

 今後、両社は、共同マーケティング、営業、セミナー、イベントなどのプロモーション活動でも協力する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]