ニフティ、ブロケードのSANルーティング技術を導入--SANアイランドを統合

CNET Japan Staff 2007年01月29日 07時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロケード コミュニケーションズ システムズはこのほど、ニフティが同社のSANルーティングスイッチ「SilkWorm Multiprotocol Router(MPR)」を採用したことを発表した。

 今回の採用は、サービス利用者の増加や光環境への移行による帯域幅やデータ容量の増大に対処するために実施された。システム導入によりニフティは、データセンター内に点在していたSANアイランド(小規模な独立したSAN環境)を統合。さらにブロケードのFC(ファイバーチャネル)ダイレクタ「Silkworm48000」を使用し、新規ストレージ、サーバの追加を容易にするコア-エッジ型SANの導入を完了した。

 今後、今回の統合プロジェクトで整備されたストレージインフラを基盤に、ビジネス継続/ディザスタリカバリのためのシステム再構築プロジェクトを開始する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?