編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

米ブロケード、ソフトウエア版WAFSを提供--パケッティア社の技術を利用

CNET Japan Staff

2006-12-18 06:35

 米Brocade Communications Systemsと米Packeteerはこのほど、遠隔拠点におけるファイルアクセスを実現するソフトウェア版「Brocade Tapestry WAFS(Wide Area File Services)」を発表した。

 新製品は、WAN(Wide Area Networks)環境において、LANに匹敵する共有ファイルへの高速なアクセスを実現できるというマイクロソフトのWindowsプラットフォームをベースとし、Windows Server 2003上で稼動する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]