編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マクニカ、米社製のプロキシアプライアンスの新モデルを発売--WAN高速化技術を搭載

CNET Japan Staff

2006-08-24 19:25

 マクニカネットワークスは8月23日、米Blue Coat Systems製のセキュアプロキシアプライアンス「Blue Coat SGシリーズ/AVシリーズ/Director」の新モデルの販売活動を同日より開始すると発表した。

 Blue Coatのセキュアプロキシアプライアンスは、ウェブコミュニケーションの可視化やコントロールによって、スパイウェア、ウイルス、不適切な ウェブサーフィン、インスタントメッセージング、ストリーミング、PtoPのファイル共有といった脅威をブロックしつつ、ウェブのパフォーマンスの向上を可能にする製品。

 中核となるBlueCoat SGシリーズに加え、アンチウイルスやアンチスパイウェアの機能を提供するBlue Coat AVシリーズ、分散配置されたデバイスの運用・管理を行うBlue Coat Directorなどから構成される。

 今回発表された新モデルは、広域ネットワークの高速化を目的とした、新しいテクノロジ「MACH5」(マッハ5)に対応した新プラットフォームとなる。MACH5は、Blue Coat Systemsが開発したフレームワークで、同社製のアプライアンスに搭載され、ウェブおよびセキュアウェブアプリケーション(SSL)、ファイルサービス、メール/Microsoft Exchange、ビデオ、TCPベースのアプリケーションなどを高速化できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]